本文へスキップ

舞鶴水産流通協同組合は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

TEL. 0773-75-3275

〒624-0914 京都府舞鶴市字下安久1013








組合 概要COMPANY

舞鶴の海・魚とともに

舞鶴水産流通協同組合は、京都府漁連舞鶴市場で、セリに参加て゛きる仲買業者で構成された組合です。組合員の構成は、鮮魚の卸売業者・小売業者・水産加工品の製造・販売業者など幅広い。


組合設立は、昭和29年にさかのぼり、その事業活動は、共同精算事業・販売事業・指導事業などがあります。協同組合の基本理念である、組合員の為の組合作りと、相互扶助・心の協同を大切にして、運営しています。

最近の動向としては、組合員の労働環境の改善や、福利厚生・採用活動の充実に力をいれており、また組合員を取り巻く環境改善・販売促進活動や舞鶴の魚のPR活動を実施しています。

代表的なイベントとしては、まいづる魚まつりがあります。

舞鶴の魚が、新鮮なうちに、出来るだけ安く、皆様の食卓に届くように、私たち舞鶴水産流通組合は、毎日努力しています。


舞鶴の魚のPRと、組合員の幸せをめざして

組合員数  78名

出資金   62,400,000円

設立    昭和29年 9月

理事長   田中 信男

専務理事  藤元 裕泰


業務部長  冨田 正信

〒 624-0914
住所 京都府舞鶴市字下安久1013番地

電話  0773-75-3275
FAX 0773-75-5330     



鮮魚組合 9名 鮮魚を主に京阪神・北陸・関東の市場に出荷している。
舞鶴蒲鉾協同組合 9名 蒲鉾・ちくわなどの練製品を製造して、地元及び各市場へ出荷、販売している。
西舞鶴店舗組合 5名 西舞鶴で、店舗を構えて、鮮魚・塩干品・練製品の小売販売をしている。
東舞鶴店舗組合 11名 東・中舞鶴で、店舗を構えて、鮮魚・塩干品・練製品の小売販売をしている。
舞鶴水産物商工業協同組合 12名 主に保冷車で、各市場へ鮮魚・塩干品を持っていき卸売りをしている。行き先は、綾部市・福知山市・南丹町・豊岡市・篠山町・滋賀県。
鱗組合 12名 店舗を構えて小売をしている組合員8名 行商をしている組合員5名 朝市にいってる組合員他。 
鯛組合 14名 店舗を構えている組合員や行商・卸売り他
舞鶴水産加工事業協同組合 3名 煮干の加工を主にイワシ桜干など地元で獲れる魚の加工を行い地元及び京阪神や関東へ出荷している。
舞鶴水産 3名 煮干の加工・魚の加工を行っている。

* 京都府水産流通協同組合連合会

構成  舞鶴水産流通協同組合・宮津水産仲買人協同組合・北丹水産物商業協同組合

* 舞鶴ふぐ処理師組合


バナースペース



アクセスカウンター

舞鶴水産流通協同組合

〒624-0914
京都府舞鶴市字下安久1013

TEL 0773-75-3275
FAX 0773-75-5330

Eメール

Hamano Kenji Photo gallery