本文へスキップ

舞鶴水産流通協同組合は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

TEL. 0773-75-3275

〒624-0914 京都府舞鶴市字下安久1013








舞鶴港松葉かにNEWS&FAQ


 
                 舞鶴かに のこと
かには、鮮度が大切


かには、水揚後、時間の経過とともに味が落ちるため新鮮なものほどおいしくいただけます。
舞鶴は、好漁場に近く、漁獲してから短時間で、生きたままセリにかけるため、新鮮なカニが手に入ります。
舞鶴漁協所属のカニ漁船は、鮮度保持を第一に考え、最新鋭の装置を備えています。

おいしいかにの選び方
 1  色つやのよいもの
 2   重量感のあるもの
 3   甲らや脚が柔らかくないもの
 4  不快な臭いのしないもの
 5  腹部が白いもの ( みそが良質 )
 6  はさみの大きなもの 
 
   
 
舞鶴に水揚げされるズワイカ゜ニの漁場は、丹後半島は、経ケ岬の沖合いで、松葉かにが生息しているのは、230mから300mの深海で底曳網を曳きますので、波の高い時は、危険なので、かに漁には、でれません。
かに漁は、波のない穏やかな時だけに限られます。

舞鶴の漁師さんも、かに漁が始まりますと毎日天気に十分注意して出漁しますが、その年の天候により、漁獲がすごく変化し、お値段もすごく変わります。

松葉かには、お値段も、5,000円から25,000円くらいと大変高価ですが、やはりそのお値段の価値はあり舞鶴市内や料理店、旅館のほか、京阪神へも、届けられます。

コッペかには、比較的に安く、1匹 400円から2000円くらいです。。
お値段はその時の漁もようにより、いろいろありますので、実際に舞鶴にいらしてお買い求めください。

舞鶴かにの証明

カニのえさの豊富な丹後の海から、舞鶴所属の漁船で水揚された松葉カニの足には、プ゜ラスチックの緑のタグが付けてあり「 舞鶴産 」であることが、わかるようにしてあります。

数あるかにの中でも、舞鶴かには、一種のブランドにです。


舞鶴かに

舞鶴で水揚げされ、プロが厳選した上質の松葉かにを、お送りします。
舞鶴産の松葉かには、緑のタグがついています。
かに漁が多くあり、一番お安い時の松葉かにをお送りいたしますので、特別お安くなっております。


かに漁 解禁の 11月 上旬より、出荷 開始します。

こっぺかに

舞鶴で水揚されたズワイカ゜ニのメスを、舞鶴では、コッペかに あるいはセコかにと呼ばれます。オスに比べて小さく、腹側にある卵(外子)と甲らの中の卵巣(内子)は、おいしく珍味中の珍味で、まさしく絶品です。
これも、大漁で、一番お安い時のものを、お送りしますので、お得となります。

かに漁 解禁の 11月 上旬より、出荷 開始します。
 

                                             このページの先頭へ

バナースペース



アクセスカウンター

舞鶴水産流通協同組合

〒624-0914
京都府舞鶴市字下安久1013

TEL 0773-75-3275
FAX 0773-75-5330

Eメール

Hamano Kenji Photo gallery