本文へスキップ

舞鶴水産流通協同組合は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

TEL. 0773-75-3275

〒624-0914 京都府舞鶴市字下安久1013








  さばのへしこの作り方NEWS&FAQ


舞鶴の吉原地域の代表的水産加工品のさばのへしこ。
へしことは、さかなのぬか漬けのことです。
舞鶴では昔から一般の家庭で作られていました。
作り方は、さばが一番脂ののった秋につくります。
最初にとれたてのさばを開き、内臓をとりだしていったん塩づけにして、さばを常温で樽に入れて、塩を入れて重石をします。
4〜5日するとさばから、水分がでます。じゅうぶん水分がでますと、その水分といっしょに、さばの腹の内やまわりに、ぬか・麹・醤油・酒・たかのつめなどをまぶして漬け込みます。(それぞれ入れる分量や入れるものがちがい個々に独自の製法があります)つけものの要領です。
重石をして樽をビニールでつつんで、さばが熟成するまで、常温で1年以上眠らせます。
熟成すればするほど、またさばに脂があるほど、さばのへしこは、辛くありません。
またへしこの塩分は、ぬかと脂の関係で、血圧に影響をあたえないそうです。
舞鶴地区や京都・北陸地区ではへしこはよく食べられますが、大阪や関東では、あまり一般的に食べられません。
食べられた方の中には、あの独特の風味がとってもおいしいと言われ熱烈なへしこファンがおられます。
一度 舞鶴のさばのへしこをお召し上がりください。


 さばのへしこ

鶴の伝統的な製法により、大きく脂たっぷりのさばを使い、1年以上熟成させました。
とっても風味があり、あまり辛くありません。
皆さんからおいしいと喜ばれています。

1匹 400グラム以上
さばのへしこの食べ方 

さばのへしこの一般的な食べ方としては、ぬかをさっと ぬぐってお好みの大きさに切り、焼いてください。
また焼いたへしこを、ごはんの上おき お茶づけも、おいしいです。また驚かれるかもしれませんが、さばのへしこのお刺身がとってもおいしいです。
生のへしこを水で洗って、皮をむき骨をとって、スライスし、レモンを絞ってお刺身で食べてください。
生で食べるのが一番辛くなくおいしいと通の間では、評判です。お酒のアテにもピッタリですよ。
  

バナースペース



アクセスカウンター

舞鶴水産流通協同組合

〒624-0914
京都府舞鶴市字下安久1013

TEL 0773-75-3275
FAX 0773-75-5330

Eメール

Hamano Kenji Photo gallery